「ハリガネ矯正」が危険な理由

歯列矯正で歯に貼りつけたチップとそれをつなぐワイヤーを使う方法は一般的にはハリガネ矯正と呼ばれることがあります。

噛み合わせバランスを崩す危険な方法であるにもかかわらす、いいことずくめですすめるのは悪い歯医者です。

ハリガネ矯正の原理はワイヤーで歯を強く締めつけ、出っ張っている歯を引っ込め、引っ込んでいる歯を前に出すことで歯並びを変える、というものです。

大きな問題は、歯並びを整えるためにスペースを作る必要があることかう、ワイヤーを掛ける前に健康芯歯(第一小臼歯)がよく抜かれることで、噛み合わせパランスを崩す原因になります。

またワイヤーで締めると前歯だけでなく、奥歯が手前のほうに傾いて高くなります。この状態では前歯と奥歯だけが噛み合い、その中間の歯は噛み合わ芯くなってしまいます。

こうなると、噛みづらく顎が不安定になるなどの障害を引き起こします。


PAGE TOP