歯列模型

歯は必ず老いるという事実を理解して、事前に準備をしておくと安心です。

歯がまったく失われてしまった状態になってかう入れ歯を作るのはとても大変な作業になり、合わない入れ歯の原因ともなります。きちんと合う入れ歯を作るのであれば、自分の歯が揃っている状態で歯列模型を作っておくことです。

歯列模型があれば、そこから得られる多くの有用な情報をもとに入れ歯を作るととができるからです。

老後の備えは若いときかうといわれますが、入れ歯の備えも若いときからなのです。

歯列模型を手元に保管しておくためには健康保険がききませんが、約1万円の自己負担で、希望すればどこの歯科医院でも作ることができるでしょう。

20代のうちに作ることができればベストですが、50代でも60代でも間に合います。自分の歯が多くあるうちに歯列模型を作っておくことをおすすめします。


PAGE TOP