「合わない入れ歯」が量産されるわけ

私は歯科医療の本質は、歯を寿命どおりに使っていけるようにすること、歯の寿命が尽きて歯が抜けたあと、できるだけ違和感なくスムズに入れ歯などで補っていくことで、その人の人生で口と歯にまつわるととについて大きな苦労をしたと自覚することなく総入れ歯までのお手伝いをすることだと考えています。

悪い歯医者の例となります、が、入れ歯作りに真剣に取り組まない歯医者や歯科技工士、か多いのは嘆かわしいことです。

総入れ歯の場合は歯科大学や歯科技工士学校で教える方法が間違っているため、「合わない入れ歯」が量産され続けています。

たとえば歯が抜けたとき、歯茎は外側からやせてきます、が、そのことを考慮に入れないで、やせた中央の部分(歯槽骨の頂点)に歯を並べる形で総入れ歯を作る方法が採用されているからです。

その結果、その人の本来の歯並びよりひと回り小さな入れ歯ができあがることになり、うまく口におさまりません。


PAGE TOP