誤解と偏見

人によって早いか遅いかの遣いはあっても歯が失われていくのは自然の流れなのですから、入れ歯になっても自分を責める必要はまったくありません。

失った歯は入れ歯で補えば噛み合わせバランスを維持することができます。

入れ歯を嫌う人は、いろいろと欠点をあげますが、誤解と偏見によるものばかりです。食べ物の昧、かし芯くなる、くぐもった声になるというのも、「たぶんそうなるに違いない」という誤解にもとづくものです。

多くの場合、入れ歯という人工のものに慣れるまでの一時的な現象で、慣れてしまえば消えるものです。

入れ歯は年寄りくさくて嫌いという人もいますが、歯を失ったことを軽く考えてはいけないのです。噛むととは私たちが健康を維持することと密接な関係があります。

いい歯医者なら、「入れ歯でよく噛めることができる大切さに目覚め、入れ歯を受け入れて使いこなせるようになりましょう」とおすすめします。


PAGE TOP