親知らずを抜くとき

私たちの歯(永久歯)の標準仕様は上と下にそれぞれ16本すつの合計32本です。

しかし標準仕様より4本少ない28本の人が増えています。この4本は上下左右のいちばん奥の歯です。

俗に親知らずといわれますが、専門的には智歯(第三きゅうし大臼歯)といいます。現代の日本人では歯肉の中に埋もれたままだったり、真横あごに生えたりする人も多いのですが、顎が小さくなって親知らずが生えるスペースがなくなってきたせいです。

親知らずは噛み合わせバランスが完成する時期に生えてくるので健康な親知らずでも理由もなく抜く対象にされることがあります。

しかし、安易に抜くと急激な噛み合わせバランスの変化を招き、さまざま芯体の不調を招く原因にもなります。

親知らずを抜くときも噛み合わせバランスの変化を起こさないよう、総合的な判断をするのがいい歯医者といえるでしょう。


PAGE TOP