「ブリッジにしましょう」とすすめる歯医者は避けましょう

歯を1本抜いたときに「ブリッジにしましょう」とすすめる歯医者は避けましょう。

私は両隣の歯が健康なときにブリッジを安易に選択することは噛み合わせバランスを悪くする最悪の治療法だと考えています。

ブリッジと呼ばれる方法は歯を抜いたあとに、その両隣の健康な歯を削って、合計3本の歯にかぶせ物をする方法です。

橋をかけることに似ていることからブリッジと呼ばれています。ブリッジの最小単位は3本で、かぶせ物をする歯の数を合計して3本ブリッジ、4本ブリッジなどと呼ばれますが、上の歯や下の歯全部に行うフルブリッジもあります。

歯を安易に削らないことは治療の基本となりますが、ブりッジは健康な歯を削ることになるのですから噛み合わせバランスが悪くなります。最悪の治療法である証拠にブリッジは再治療となる率が最も高いのです。


PAGE TOP