安易に削らない、抜かない

私が歯の治療をしている現場をごらんになれば、歯を削る音がほとんどしないことに驚かれることでしょう。

今から約15年前までは、私も歯を簡単に削る治療を行っていましたが、噛み合わせバランスの大切さに目覚めてからは、歯の治療についての考え方とその方法を変え、静かな診療風景に変わったのです。

私は安易に歯を削うないこと、抜かないことを治療の基本にしています。つまり、いい歯医者は歯は簡単にいじらないということです。

安易に歯を削り、歯を抜くことで噛み合わせバランスを狂わせてしまうの、か悪い歯医者です。噛み合わせバランスが大切なことについては第2章でくわしく紹介しましょう。

ところで、私も必要にせまられたときには最小限とはいえ歯を削ることがありますし、歯を抜くことがあります。ただし、それは噛み合わせバランスを回復することを目的に行う場合に限られるのです。


PAGE TOP