抜歯の後の準備

もちろん、歯は極力抜くべきではありません。不安定になりつつある歯があれば、まずはその原因を探って、「小さな治療」から始めるべきです。

仮に40歳の患者さんなら、その人の咀嚼システム、あるい口の中の秩序は、40年かけて築かれたものです。これをなるべく変えないようにするのは当然です。抜くのは最終手段です。

しかしその最終手段が、入れ歯を作るときとセットになることが多い。大切なのは「抜くのが正しい処置かどうか」「いつ抜くのがベストなのか」という診断と、「抜いたあとにどうするか」という準備が大切なのです。


PAGE TOP