インプラント、最大の欠陥は「歯根膜がない」ということ

インプラントがブリッジの土台として使われることがあります。ブリッジには二本の「土台となる歯」がありますが、そのうちの一本をインプラントにするわけです。インプラントをする歯科医は天然歯とインプラントを繋げる事はない、といいますが、実際は違います。天然歯とインプラントを繋げるブルッジは今でも多く行われています。

天然歯の「土台」には歯根膜というクッションがありますから、ものを噛んだときはわずかに沈みます。しかし、インプラントの「土台」には歯根膜がないため、まったく動きません。これはいわばテコのようなもので、天然歯かインプラントのどちらか一方、あるいは双方が、いずれダメになります。

一つの構造体としてインプラントを見たとき、最大の欠陥は「歯根膜がない」ということです。したがって、インプラントがうまく生着したとしても、まったく安心はできません。


PAGE TOP