顎・口腔系のストレス

治療していた歯科医は、ブリッジの調整しかしていませんでした。つまり、歯列全体の噛み合わせは見ていなかった。これでは何度調整しても症状がなくならなかったはずです。

この患者さんの治療をするとき、真っ先に手をつけるべきは奥歯です。ブリッジを調整したり、作り直すよりも先に、奥歯を中心に全体のバランスが良くなるような調整を加えていかなければなりません。

慎重に経過を見ながら調整を進めていったところ、噛み合わせのバランスは良くなり、結果、会話にも食事にも不具合がなくなりました。同時に、頭痛や肩こりが消えました。「足が痛くて冬でもサンダルしか履けない」は「普通の靴が履ける」になり、全身のだるさも治療とリハビリを進めていくにつれて軽減されましたから、諸症状の原因はやはり顎・口腔系のストレスだったといえます。


PAGE TOP