「歯の構成比」と4:2:1の食物バランス 

人間は雑食です。塩と水以外は命のあるものをいただきます。植物性、動物性何でも食べます。その食べ物をバランスよく摂るには、どんな割合で食べればいいのでしょうか?

その答えが「歯の構成比」に現れているというのは古くて新しい教えです。

歯の図

歯の数は上下の顎にそれぞれ14本 計28本あります。(親知らず/第3大臼歯は除きます。)

臼歯 (奥歯)   穀物や豆などをすりつぶすための歯  16本
切歯 (前歯)   野菜や海草をかみ切るための歯     8本
犬歯 (糸切り歯) 肉や魚などを食べるための歯      4本

上下の顎 で 計28本です。

この割合は、全ての人種にほぼ共通のものです。(親知らずがしっかり生えて臼歯が20本の場合もあります。)

この歯の構成比に食べ物を当てはめてみると、

主食 (臼歯)  炭水化物(穀類・豆類・芋類): 4
副食1(前歯)  野菜・海草類など: 2
副食2(犬歯)  肉・魚など: 1

4(炭水化物):2(野菜・海草類):1( 肉・魚)となります。

とても健康的な良いバランスだとは思いませんか?歯は食物を噛み砕き、消化酵素を多く含む唾液と良く混ぜ合わせる消化器の入り口でもあります。

歯の構成比と同じ食べ物を、良く噛んで食べるのが一番身体に合っているのだと思います。4:2:1の食物バランスを毎日の食事の参考にしてください。


PAGE TOP