「めまい」と噛み合わせ。

言語障害が良くなった64歳の女性の例は、合わない入れ歯が「すでにある病気」を悪化させたケースですが、合わない入れ歯によって新しい病気が引き起こされることはけっして珍しくはありません。血圧が下がった女性の話はその一例ですが、もっと端的な症例もあります。

15年ほど前、私たちの病院を88歳の女性が訪ねてきました。来院の理由は、入れ歯の相談です。4年前に作った部分入れ歯が合わず、お粥のようなものしか食べられないので、新しいものを作りたいとのことでした。

治療に先だって問診をしたところ、その患者さんはめまいに悩まされていることがわかりました。一度症状が出ると、地震のような揺れを錯覚したり、目の前が真っ暗になったりして、2、3日は床に伏せたままになるという話でしたから、相当に重度のめまいです。介護人の付き添いがなければ危なくて外出ができないそうで、その日も付き添いの方が見えていました。


PAGE TOP