清原選手の白い歯

清原選手の引退は感動的なフィナーレでした。ここ数年は怪我との闘いで、最後の二塁打も痛々しかったですが、ともあれ波瀾万丈の23年間、お疲れ様でした。

このところ清原選手の歯がずっと気になっていた。今年の二軍で膝のリハビリ期間中に上下の大部分の歯を替えたようで、不自然な程真っ白な歯に替わっていた。(自分の歯を一回り小さく削って人工の白い歯をかぶせたと思われます。)

職業柄テレビを見ていても、タレントやスポーツ選手の歯や顎の動きに目がいってしまいます。タレントの皆さんは白い人工の歯に替えてしまう事が多い。最近はスポーツ選手も珍しくない。

多くの方は、白い人工の歯に替えるのも「治療」だと思っている。さらに、お金をかけた歯は長持ちすると思っている。全くの誤解です。私はタレントやスポーツ選手が白い歯に替えたといい、「治療」という言葉を使っていません。

「治療」とは病気に対する医療行為のことで、健康な歯を削って真っ白な人工の歯に替えることは治療ではありません。高額な代金を支払って天然の歯の寿命を縮めていることにもなりかねません。

清原選手は歯の色が変わったばかりでなく、噛み合わせも顎の動きも変わってしまいました。今年の春と現在のインタビュー映像が流れるので比較し易いのです。話していても下顎が右前にずれる癖が見て取れます。

現役引退後の第二の人生での活躍を祈っていますが、あの顎の動きはかなり心配です。

林裕之

                                子どもの歯並びと噛み合わせはこうして育てる―安全で痛くない歯列矯正法がある
    
                           

子どもの歯並びと噛み合わせはこうして育てる―安全で痛くない歯列矯正法がある                         

                                                    

  • 作者: 林晋哉, 林裕之                                                
  • 発売日: 2002/06                                    
  • メディア: 単行本
  •                                        

                               

                               

                        


PAGE TOP