東大合格の秘策

桜の開花宣言が聞かれる頃になると、受験を終え、検診に訪れる矯正の患者さんから嬉しい報告を度々受けます。

今年も東大合格者が誕生しました。

今のところ約10人にひとりの割合で東大に合格しています。

(分母は小さいですが、ちょっと自慢出来ます。)

正しい噛み合わせの育成の為の矯正です。心身に成長に合わせ無理な負担なくゆっくり進めます。

正しい噛み方の指導や、咬みしめ対策の為のスプリント(マウスピースのようなもの)も合わせて使用します。

もちろん本人の努力とご家族のサポートの賜物であることは、重々承知の上ですが、見た目優先の針金矯正よりは、実力を蓄えやすかったのではと思います。

おめでとう!

林裕之


PAGE TOP