食品の裏側

食品の裏側—みんな大好きな食品添加物 安部 司 (著)  東洋経済新報 

を読んだ。

食品添加物の神様と呼ばれ、添加物のトップセールスを誇った著者の告発本。

クズ肉に食品添加物をごちゃまんと入れた激安ミートボールの生みの親の彼が、

自分の子ども達がそのミートボールを旨そうに食べているのを

目の当たりにした時から、売る側から警鐘を鳴らす側へと変化したのです。

現場にいた者しか知らない食品業界の裏側のひとつひとつのエピソードに背筋が寒くなります。(淡々と語られるので余計怖い。)

生産者が出荷する物と自分たちが食べる物は別というのは、昔からある話。

それのどこが悪いというのも、昔からある話。

国の抜け道だらけの基準をよりどころに自分の良心に目をつぶれるのは、

儲かるから。または、自分の売っている物が毒だとも知らない程の無知。

低価格は魅力的なサービスだが、特売品でも儲け分は必ず含まれている。

そのカラクリ。

ヒステリックに危険を煽る事もなく、

難しい化学記号も一切登場しない。無添加と無着色の違いなど、

安全な食品を見分ける極意もやさしく解説してある。

子ども達の味覚破壊を心底から嘆いている。

必読です。(林裕之)


PAGE TOP