早川漣さん、ご褒美は整形?「アゴを削りたい」

“洋弓娘”早川、えっ!ご褒美は整形?「アゴを削りたい」

ロンドン五輪のアーチェリー女子団体で銅メダルに輝いた早川漣さんは、競技外の夢や目標を問われると「アゴを削りたいです」と真顔で即答、小学校の時からの夢、だったそうです。

こういう話は、やっぱりビックリします。”美容整形が小学生からの夢”だなんて・・・韓国の美容整形事情は聞いてはいましたが、ここまで抵抗感がないことに今更ながら驚いてしまうのです。

日本の若い人も抵抗感は薄まる一方のようです。お前は古いと言われようが、私は安易な美容整形には反対です。歯も簡単にいじってしまいますが、大反対です。全てが上手くいって何の副作用もなければ良いのですが、実態はそうではありません。見た目が良くなっても、顎の痛みや噛めない、口が開かないなどの副作用で苦しむ人は大勢います。

幸いこの記事の結びは、”代表スタッフは「アゴを削ると感覚が変わってしまう」と難色を示し、本人も「現役だと難しいのかも」と笑っていた。 ”

とあるのでひと安心ですが、若い人の美容整形に対するお手軽な感じが心配です。美容整形も美容目的の歯の治療も、身体や歯にダメージを与える方法で行われることを忘れてはいけません。抜いたり、削った歯は元に戻せません。


PAGE TOP