大規模データによる『新・厄年』

この年齢が危ない
『75万人のデータ分析でわかった「厄年」のサイエンス 全日本人必読 男女別あなたが「病気になる年齢」がわかった』 現代ビジネスの記事です。

”今回、我々は75万人ものデータを分析し、病気が発症しやすい年齢というものを算出しました。これは日本で初めての試みだろうと思います。ある年齢で病気の発症率が上昇しているポイントを発見し、それを『新・厄年』として設定したのです”

大量のレセプトを解析して得られた新厄年はズバリ↓だそうです。

〈男性〉24歳、37歳、50歳、63歳
〈女性〉25歳、39歳、52歳、63歳

その根拠は本分に記されていますが、なるほど納得の流れで新厄年が導き出されています。社会構造や食生活の変化、加齢によるストレスやホルモンバランスの変化など、具体的に解説されています。

”病気が発症する主な原因には、生活習慣に加えて、ホルモン分泌減少による抗酸化作用の低下が挙げられた。”

男女とも共通する新厄年は63歳は新『大厄』でもあり、それまで積み重なったものが発症するキーポイントの年齢です。今年、2013年に新『大厄』を迎える人は630万人で、向こう20年で最大だそうです。

より具体的な予防法など含め是非元記事をお読み下さい。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33744
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ


PAGE TOP