心肺蘇生 心臓マッサージのみが高救命率

随分前になりますが、循環器内科の医師に緊急時の対処法のレクチャーを受けた事があります。歯科の治療中でも緊急の事態はあり得ますので、専門の医師から人形などを使って教えていただいたのです。その当時は珍しかったAEDも今では駅や公共施設など人が多いところに設置されており、実際に救命された方も増えているとも聞きます。

まず、119番通報し、心臓マッサージを続ける。この基本は変わりません。

”その心臓マッサージのポイントは、1分間に100回のペースで、強く、絶え間なくです。大切な人の命を救うために、心臓マッサージとAEDの使い方を知っていただきたいと思います。”

元記事も是非お読み下さい。

心肺蘇生 心臓マッサージのみが高救命率
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/143207.html#more
NHK 生活情報ブログ
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ


PAGE TOP