男女生み分け法

「男女産み分け目指しタイへ 日本人急増、年に約30組」のニュースです。 → 

”体外受精卵が4~8個の細胞に分裂した段階で、1~2個の細胞を取って、遺伝子や染色体の異常がないか調べて、子宮に戻す。遺伝病だけでなく、性別も判定できるため、男女の産み分けにも使える。”

のだそうです。

子供は授かり物から操作できる物に変わってゆくのでしょうか?

今でも歌舞伎の世界などは男子を生むのが使命のようで、二人女の子が続いたらタイへ行くかもしれません。一方では最近は女の子を望む親が多いとも聞きます。これもニーズに応える医療サービスなのでしょうか?

不妊治療は解りますが、男女生み分けはどうなんですかねぇ。

生み分け法

グラフィック © The Asahi Shinbun


PAGE TOP