3月10日まではいい日だったね

2016年9月6日

津波で母親を失くした少女の言葉です。「3月10日まではいい日だったね」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2702V_X21C12A2I10000/

あの東日本大震災から今日で丸2年になります。

被災地では今なお約31万5000人が仮設住宅などで避難生活を強いられています。2年も経ったのにどうして?と思わざるを得ません。住宅以外の復興も遅々として進んでいないようで、東京に住んでいても歯がゆい思いでいっぱいです。当事者の方々は尚更でしょう。

原発事故も2年が過ぎてやっと明らかになった事もあり、夕べのNHKスペシャルなどをみると、不可能だった4号機の外部注水がたまたま爆発によって外壁が飛ばされたことで可能になり、冷却できるようになったそうで、「たまたま」という非科学的な現象に新たな惨事がひとまず回避されただなんて本当に恐ろしい。

こうした非常事態には権限をもった強力なリーダーシップが必要なのに、これだけは2年経っても何も変わらない。顔が見えるリーダーが一刻も早く出て欲しい。子供達も救って欲しい。

東日本大震災による死者は1万5881人、行方不明者は2668人。震災関連死2303人を含め、犠牲者は2万852人。

改めて心からご冥福をお祈り致します。

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ


PAGE TOP