歯科大は定員割れ

現在日本にある歯科大学又は歯学部のある大学は、国立大学法人11校、公立大学法人1校、私立大学17校の計29校。

そのうち私立大学の6割にあたる11校で定員割れとなっており、入学者が定員数の3割に満たない学校も少なくありません。

これらの学校の偏差値の平均は46。最低は38。因みに私立の医学部の偏差値の平均は60なので、レベルの差が歴然としています。

私立大学歯学部の新入生が大学に支払う授業料や入学料などの初年度納付金(実験実習費を含む)が、2009年度の平均が約932万円。卒業までは学費だけで平均約3,000万円。この他に生活費などがかかります。

つまり、偏差値38以上の頭脳と3,000万円+生活費があれば誰でも歯学部に入れます。

ただし、国家試験があるので、そのまま歯科医師になれるのかは別問題です。実際、こうした学校の歯科医師国家試験の合格率はかなり低く、歯科大生にはなったのに歯科医にはなれなかった人も大勢います。


PAGE TOP