歯周病の原因のキーポイント

歯周病の進行を遅らせることは十分に可能だと述べましたが、いい歯医者ならそのヒケツが噛み合わせバランスをよくすることにあることを教えてくれるはすです。

噛み合わせバランスが悪いと1本の歯に週重なストレスがかかり、その結果、歯の組織がもろくなり虫歯菌におかされやすく芯ることを紹介しましたが、ストレスがかかる歯の周りの組織ももろく芯り、歯周病におかされやすい状態になります。

歯周病が年をとると起きやすいのは、老化とともに視力が衰えたり、耳が遠くなるのに似て、歯と歯茎が老化で弱くなるがらですが、そこに噛み合わせパランスが悪いことによる負担が加わるのではたまったものではありません。

歯周病が進行し、歯のグラつきが改善され芯い場合には歯を抜く必要も出てきます。歯を抜くことで噛み合わせバランスを回復することができるからです。


PAGE TOP