8020運動よりいくつでも28運動を!

”健康な食生活に欠かせない歯を、80歳で20本以上残すことを目標にした国の取り組み(8020運動)について、達成している人の割合が大幅に増え、昨年度は4割近くに上ったことが厚生労働省の調査で分かりました。”というニュース

80歳で20本以上の歯が残っている人が増えたことは喜ばしいことですが、私たちはいくつでも28本であることを提唱していますし歯科医の本来の使命のはずです。要はいくつでも28本が理想。失った歯を入れ歯で補い、前後左右の歯でまんべんなく咀嚼できるようにするのが、歯科医の務めであり、健康でいる秘訣です。

自分の歯を残すことはとても大切ですが、そればかりに捉われずに、歯を失なってもスムースに義歯に移行することに目を向ける事がより重要です。

私の父は今年86歳、60代で上下総入れ歯になりました。つまり6000(ロクマルマルマル)ですが、お陰さまで元気に暮らしています。実年齢よりいつも若く見られます。

歯の"8020/ハチマルニイマル運動" 達成率が大幅上昇
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/


PAGE TOP