目からウロコの歯の話

歯の平均寿命は50~66年。奥歯は50~58年、前歯で61~66年。(平均値なので、個人差はもちろんある。) 問題なのは、身体寿命との差。20~30年は歯の無い状態で過ごさなければならない。 歯の抜けた部分は入れ歯で補う事になる。 快適な入れ歯を提供することが歯科医と歯科技工士の義務。 歯科医療の本質がここにある。 と ...

インプラント

2007年は定年退職者が大幅に増える最初の年。 団塊の世代(1947~49年生まれ)が2015年にかけて定年退職年令に達する。 この現象は社会に様々な影響を与えると言われている。 定年退職年令は歯の喪失年令とも一致する。いわゆる入れ歯世代だ。 日本では50歳代から徐々に歯が抜け始め、年と供にそのスピードが増す。 歯を失 ...

目からウロコの歯の話

NHKで癌の特集番組が放映された。 高齢化社会になって癌による死亡率が高まっているという。当たり前ではないか! 死ぬまで元気は誰もが願う事だろうが、生老病死は自然の摂理。 高齢になればなるほど老化による異変は現れやすい。 医療や科学の力が自然の摂理に介在できるのはほんの僅か。 そこを見誤ってはいけない。 番組の中で高齢 ...

目からウロコの歯の話

Goldは大昔から歯の修復材として使われてきた。 歯の修復には歯と同じ硬さの物がベスト。歯より硬い物はだめ。 20K(カラット)位が一番歯の硬さに近い。その人の歯の質や噛癖に応じて22Kを使う場合もある。 歯科用ゴールドは純度も高く、カラットの調節に使う割金の質も装飾用の比ではない。 保険の金属はそのゴールドの代用金属 ...

目からウロコの歯の話

虫歯を削った後に詰めたり被せたりする材料はいろいろある。 大切なのは、材質の硬さ。 歯と同じ硬さかベスト。 歯より硬い物はだめ。 長い間に全ての歯は摺り減るもの。一緒に減っていかないと、噛み合わせのバランスを乱す。 歯より硬いセラミックは最悪。 硬すぎる。 歯の色を再現する必要がある場合はハイブリッドセラミックスを。 ...

PAGE TOP