わりばし法

わりばし法

わりばし法【動画】わりばし法

まず、わりばしを割って一本にします。その一本のわりばしを軽く唇で挟みます。決して噛んではいけません。『口にのせる』感覚です。これで歯と歯が接触し ない状態になり、口のまわりの筋肉が緩みます。そのまま仰向けになり、全身の力を抜いていきます。全身の力を抜くのは意外に難しいですが、繰り返すうちに コツが掴めてくるはずです。

この体勢を30分以上続けます。注意点としては、蒲団やベットなどの柔らかいところではなく畳やカーペットなど、比較的固いと ころに仰向けになることと、体を冷やさない、急に起き上がらず、起き上がる時は充分体をほぐしゆっくり立ち上がって下さい ...

"わりばし法"と"咀嚼筋マッサージ", わりばし法, わりばし法とは, 歯科相談のご案内, 診療予約 

"わりばし法"と"咀嚼筋マッサージ", わりばし法, わりばし法とは, 歯科相談のご案内, 診療予約 

● 林歯科 | 歯科医療研究センター● 院内紹介●【アクセス動画】有楽町線 「麹町」駅1番出口から

有楽町線 「麹町」駅1番出口から:1番出口を出てすぐの三菱東京UFJ 銀行を右折し、4本目の道を左折 ➡️ 小さな赤い“酒”という看板の隣のビルの3階です。(徒歩約5分)

●【アクセス動画】半蔵門線「半蔵門」駅6番出口から

半蔵門線「半蔵門」駅6番出口から:6番出口のエスカレーター又はエレベーターを出て、左手の大きな通り(新宿通り)を左方向へ進み、1本目を左折し、2本目の道を右折し、ひとつめの信号まで直進し、そこを渡って左折(ゆるい下り坂です。)、2本目を右折します。➡️ 小さな赤 ...

02/08/2018わりばし法, わりばし法とは

02/08/2018わりばし法, わりばし法とは

食事や物を飲み込む時以外に、上下の歯が強く接触することは良いことではありません。

寝ている時にする歯ぎしりはもちろん、起きている時にも無意識に歯をくいしばったり、噛みしめたりする癖は、50kg以上の力が歯にかか るだけなく、顎の関節や口のまわりの筋肉にもダメージを与え、やがて全身に悪影響を及ぼすことも少なくありません。(一晩の歯ぎしりは一生の咀嚼に相当す ると言われるほどです)

それぞれの癖の原因は、精神的なストレスや噛み合わせのアンバランス等が考えられますが、歯の寿命を延ばし、口のまわりの筋肉や 全身の筋肉へのダメージを防ぐためにも、これらの悪い癖は意識的に治さなければなりま ...

09/08/2012"わりばし法"と"咀嚼筋マッサージ"

09/08/2012"わりばし法"と"咀嚼筋マッサージ"

歯や歯茎、顎関節にかかるストレスを”わりばし法”と”咀嚼筋マッサージ”で和らげます。頭痛や首、肩のこりなども軽減されます。

【動画】わりばし法

*わりばしを割って一本だけ使います。

仰向けに寝て、わりばしを口に乗せます。噛まずに乗せる感覚です。
そのままの姿勢で全身の力を抜き20~30分程過ごします。
起きる時はゆっくりと。

わりばし法の体験談などはこちら

咀嚼筋マッサージ

噛み締めや食いしばり、歯ぎしりなどでダメージを受けた咀嚼筋をほぐします。

図のように、頬の耳の下、えらの部分と、こめかみ