インプラント

歯のインプラント 技術向上するも糖尿病患者の利用は不向き

この手の記事内容はツッコミどころ満載なのです。例えば

インプラントは適切な治療とメンテナンスを行なえば、20年以上持つ優れた治療法です。トラブルなどで後悔しないためにはきちんとした技術を持った歯科医を選びましょう

ハヤシ・ジャーナル

現在発売中の文藝春秋2013年2月特大号 に「中村勘三郎さん、癌治療への疑問」と題された手記が載っています。

慶大医学部講師の近藤誠医師による中村勘三郎さんの癌治療に対する見解です。

近藤先生は私の知る限り、「 ぼくがうけたいがん治療:1994年刊」以来ブレること無く癌治療の在り

ハヤシ・ジャーナル

随分前になりますが、循環器内科の医師に緊急時の対処法のレクチャーを受けた事があります。歯科の治療中でも緊急の事態はあり得ますので、専門の医師から人形などを使って教えていただいたのです。その当時は珍しかったAEDも今では駅や公共施設など人が多いところに設置されており、実際に救命された方も増えているとも聞きます。

ハヤシ・ジャーナル

『75万人のデータ分析でわかった「厄年」のサイエンス 全日本人必読 男女別あなたが「病気になる年齢」がわかった』 現代ビジネスの記事です。

”今回、我々は75万人ものデータを分析し、病気が発症しやすい年齢というものを算出しました。これは日本で初めての試みだろうと思います。ある年齢で病気の発症

PAGE TOP