07/05/2020"わりばし法"と"咀嚼筋マッサージ",わりばし法,わりばし法とは,歯科相談のご案内,診療予約 

● 林歯科● 院内紹介●【アクセス動画】有楽町線 「麹町」駅1番出口から

有楽町線 「麹町」駅1番出口から:1番出口を出てすぐの三菱東京UFJ 銀行を右折し、4本目の道を左折 ➡️ 小さな赤い“酒”という看板の隣のビルの3階です。(徒歩約5分)

●【アクセス動画】半蔵門線「半蔵門」駅6番出口から

半蔵門線「半蔵門」駅6番出口から:6番出口のエスカレーター又はエレベーターを出て、左手の大きな通り(新宿通り)を左方向へ進み、1本目を左折し、2本目の道を右折し、ひとつめの信号まで直進し、そこを渡って左折(ゆるい下り坂です。)、2本目を右折します。➡️ 小さな赤い“酒”という看板の隣のビ ...

12/26/2019講演会のお知らせ

● 京都講演ご報告京都で一般向けの講演会に行ってまいりました。

当日は、約90名の参加者がありとても盛況でした。また、今後の診療に役立てるべくお願いしたアンケートもほぼ全員の方にご協力頂き、多くの貴重なご意見を頂戴する事も出来ました。参加者のみなさんスタッフの方々本当にありがとうございました。

内容は、最近出版致しました、入れ歯になった歯医者が語る 「体験的入れ歯論」-あなたもいつか歯を失う​ –(Amazon)に沿って、口の健康とかみ合わせ、入れ歯と健康寿命などを会場の熱気に押されて色々と脱線したりしながら多岐にわたりお話しさせて頂き、最後の質疑応答も時間をかけてさせて頂けま ...

07/03/2020歯の矯正 大人も必要?,歯並びと矯正

2007年10月12日 朝日新聞朝刊のコラムから

歯科医に勧められ、歯の矯正治療を始めてみた。ところが、矯正装置を着けたままの暮らしは予想以上に不自由で、つらい。「この苦しみの先に何がある?」。自然と疑問がわく。子どもとは事情が違う大人の矯正治療。

成功したと思う人がいれば、失敗したと悔やむ人もいる。歯科医の間でも賛否両論があった。

小島泰生(朝日新聞西部本社記者)

体験したら痛み・違和感

記者(39)は子どもの頃から歯並びが悪かった。特に下は斜に傾いたり、重なり合ったりという「乱ぐい歯」。小学6年のとき、歯科医は「治らない」。ところが、昨年末、虫歯を治療 ...

07/03/2020「噛み合わせ」と「歯並び」の違い

「噛み合わせ」と「歯並び」を同一のものと混同していませんか?

「噛み合わせ」と「歯並び」を同一のものと混同していませんか?実は「噛み合わせ」と「歯並び」は分けて捉えなければいけません。世間で言われている「歯並び」というとまず、前歯の事ですね。

特に上の前歯、正面から見える部分が揃っているか、いないか。つまり、『歯並び=見た目』が一般的な認識でしょう。しかし、歯列(しれつ)とは奥歯も含めて捉えるのが本筋です。

大方の歯医者や技工士、衛生士でも、「噛み合わせ」と「歯並び」の違いを正確に説明出来ないないのですから皆さんが混同するのも無理もありませんが、『噛み合わせ=噛む機 ...